IT産業がアメリカに勝てない理由

技術者の企画開発や製作技術などによって、日本においても日々進化しているIT関連の仕事。
しかし、IT業界に詳しい人たちは、今の状態では日本がいくら頑張ってもアメリカのITには勝つことはできないと言われています。
なぜアメリカに勝てないといわれているのか、どうしたら世界と肩を並べることができるのかなどについて色んな観点から考えてみたいと思います。

まずは国家の歴史的な問題。
アメリカはアメリカ大陸が見付かった時代から、住んでいる人たちが自由な考えを持ち、自由に意見交換ができる国として栄えてきた国です。
ですからITのみならず、住んでいる人たちは非常に自由な発想や柔軟性のある考え方を持っています。

一方日本ですが、日本が今のように自由な国になったのは第二次世界大戦で敗戦して、アメリカ軍に色々と成長を支えてもらった結果です。
それまではとても閉鎖的間考え方をしていて、自由な発想などできるような環境ではありませんでした。
IT関係の仕事は自由な発想や常識を覆した発想などが必要とされます。
このような点でこういった発想が普及するまでに日本はかなりの時間をかけてしまいました。
ですから、品質の良いものは作れますが、新しい性能を開発させるなどの知識や技術はアメリカには及ばないのです。

また、アメリカは国を挙げてIT関連の研究や開発に全力を尽くしているという実態があります。
日本ではそういった点では国家予算はほかのことに使われることが多く、ITの研究開発などには余り力を挙げていません。
さらには国土の広さや人口の多さにも違いがあります。
国土が広いため、様々な研究施設や開発のための施設などが建てられています。
また、人口が多いことからITに関する興味を持っている人が日本人に比べて格段に多いのも特徴です。
日本にIT業界はアメリカに比べるとまだまだ劣っているといわざるを得ません。
しかし、アメリカに勝るような部分を見つけ出し、そういった項目で勝負したら勝てる可能性は高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です