IT市場はどこまで行けるのか

安定した職業と言えば公務員しか思い浮かばないでしょう。
そんな公務員と同じくらい、IT市場も今のところ安定している印象です。
携帯やパソコンが普及されたのは、まだつい最近と言う感覚だからでしょうか。
IT市場はまだ下降する気配を見せません。今はスマートフォン市場が未だ熱い・・・のでしょうか。
90年代ウィンドウズ、携帯、スマートフォンの普及した今日まで、それは目まぐるしく発展して行ったIT市場です。
これからも色んな端末が開発されて行けば安泰だと思います。

しかし、2013年のITの予測市場を調べて見ると、2013年の国内IT市場規模は13兆7525億円であり、前年比成長率は0.9%減と言う予測が出ています。
ITハードウェア市場の落ち込みが原因のようです。
パソコンを置く家庭も減っているという話も聞きます。
確かにスマートフォンやタブレットの普及により、パソコンの活用が以前と比べて激減したと感じます。
小さなパソコンを持ち歩いている事と一緒だからです。

しかし最近では早速、スマートフォン離れもする人が増えています。
スマートフォンだけでは限らず、インターネットから離れて行く人もいるようです。現にわたしが今その状態であり、パソコンやスマートフォンを覗くよりも図書館に行って本を読み漁ってばかりいるとのこと。
ネットから入る情報はそれは膨大で、直ぐに調べられる事が利点だが、どうも頭に入って行かない気がするのです。
実際に何かを学んだ事は何もないかもしれません。仕事で使用する事以外は案外必要のない電子機器なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です